TOP|横須賀の住み心地や,海,音楽,スポーツ,エンターテイメント(エンタメ)等のワクワク情報の発信サイト Yokosuka Reconstruction Plan
住むまち横須賀

83.6 %が住み続けたいまち

NEWS

YIMA2018 優勝者決定!ダイジェストムービー公開中!

2018 夏のイベント 英語に親しむイベントのご紹介

もっと、ワクワクするまちへ

横須賀の住み心地

情報誌&WEB「SUUMO」
でも掲載されている「横須賀の住み心地」はこちら

海を感じる

東京湾と相模湾に面し、三方を海に囲まれた横須賀。
散歩する海、眺める海、遊ぶ海…それぞれの「すぐそこに海がある」日常が過ごせます。

  • うみかぜ公園

    東京湾唯一の無人島・猿島を望みながらのBBQが大人気。スケートボードや3on3、BMXなども楽しめ、アメリカンな雰囲気も感じられます。

  • 海辺つり公園

    猿島や房総半島を眺めながら、釣りを楽しめる公園。手慣れた釣り人からファミリーまでたくさんの人でにぎわいます。

  • 馬堀海岸

    ヤシの木が並び、遊歩道が整備されています。潮風を浴びながらランニングや散歩を楽しむのに最適な海岸です。

  • たたら浜

    県下最大の県立公園、観音崎公園内のビーチ。水の透明度が高く、白砂が映える美しいビーチです。

  • 北下浦海岸

    南部の北下浦海岸は、安定したサイドショア(横風)が吹いており、平日・休日問わず多くのウィンドサーファーが訪れます。

  • 長浜海岸

    長井にある穴場海岸。駐車場が無料なのもポイントです。ソレイユの丘や荒崎公園なども近く、ファミリーで 1日楽しめます。

  • 秋谷海岸

    かの歌川広重も浮世絵に描いた風光明媚な海岸。 夕日の名所としても知られています。

  • 久留和海岸

    堤防に囲まれており、波も少ない穏やかな海岸です。シーカヤックやSUP(スタンドアップ・パドル・サーフィン)を楽しむ人の姿も。

自然とふれあう

なだらかな丘陵、川のせせらぎ、里山的風景…
体いっぱいに自然を感じられる環境にあふれています。

  • 大楠山と前田川遊歩道

    三浦半島最高峰の242m。低山ですが山頂の見晴は良く、ファミリーにもおすすめ。相模湾へ流れる前田川は山岳地のような清流が残っています。

  • ホタル

    市内にはホタルを見られるところがたくさんあります。ホタルが生息=水がキレイな証拠。身近なところで幻想的な光を観察してみましょう。

  • 里山体験

    日本の原風景である「里山」を体験できる環境が残っています。田植えや雑木林の手入れなどを通じ、身近な自然に触れあえる取組みが行われています。

  • 横須賀エコツアー

    巡るだけでは味わうことができない横須賀の魅力やすばらしさを、エコツアーガイドが案内するイベントです。観音崎、猿島、西海岸などのフィールドで展開しています。

  • 公園

    横須賀は 1人あたりの公園面積が県内19市で2位。近所の公園から大きな公園まで市民の憩いの場が豊富に用意されています。

朝獲れの魚や野菜が毎日の食卓に

海の幸、大地の恵。横須賀は朝獲れ新鮮食材の宝庫です。

  • 水揚げ/収穫

    沿岸漁業漁獲量は県内一、春キャベツは全国有数の生産量。魚も野菜もよりどりみどり。

  • 店頭へ

    朝獲れたばかりの食材が、
    店頭に並びます。

  • 今晩の食卓へ

    毎日のご飯がとても贅沢なものになります。
    子どもたちにとっては自然と食育にも。

横須賀で世界の友だちを作ろう

横須賀にはたくさんの外国人が住んでおり、国際交流の機会が豊富です。
特色ある英語教育も充実していますので、年代に応じて生きた英語に触れることができます。

横須賀パパ・ママ応援宣言

子育て・教育環境の充実を図っています。

横須賀の住み心地徹底分析

数字が語る「住み心地」

データが示す客観的評価から、横須賀の「住み心地」をひも解きます。

リクルートの不動産情報誌&WEB「SUUMO」でも掲載多数!

私の横須賀スタイル

▲ TOP