ワクワク横須賀

横須賀市は住んでいる方も、訪れる方も
誰もがワクワクするまちを目指します。

TOPもっと、ワクワクするまちへ YOKOSUKA ART VALLEY HIRAKU

 

YOKOSUKA ART VALLEY HIRAKU

5


市内の森林に囲まれた谷あいの場所には、「谷戸」と呼ばれる地域が数多く点在しています。 谷戸は、昔ながらの自然豊かな景観があり風情を感じることができる場所です。 市では、横須賀らしい谷戸コミュニティの新しい形づくりのため、地域交流に意欲的なアーティストを誘致し、芸術を通した地域の活性化を目指し「アーティスト村」の創出に取り組んでいます。




トピックス


2022/01/17
薬王寺太一WS 2月2日
(田浦コミセン講座 「げんき倶楽部」)

2022/01/11
水戸部春菜個展(Happy End)
イデーショップ 自由が丘店
1月28日(金)~2月28日(月)

2022/01/04
山本愛子WS 2月19日
(田浦コミセン講座
「草木染め体験 よもぎで春のストール作り」)

2021/12/14

薬王寺太一
【youtubeトークライブ】全2回


◎yokosuka art valley HIRAKU
陶芸家 薬王寺太一
 ×
◎横須賀アートセンター
アートディレクター 越中正人

『横須賀市内でアートを見つける 横須賀中央駅から歩きながら街の中のアート』

第1回目
12/21(火)15:00〜15:45ごろまで 

第2回目
12/28(火)19:30〜20:30

2021/12/10
薬王寺太一
現代作家3人と考古資料(土器)


現代美術と考古資料のコラボ展示です。

横浜市歴史博物館
2022年1月22日 (土) ~2022年3月6日 (日)
9:00~17:00(券売は16:30まで)
月曜休館

2021/11/29
穴窯で作品を焼き上げます
HIRAKU(アーティスト村)にある穴窯で窯焚きを行います。
コミセン講座や地元ワークショップ、田浦小学校の総合学習、県立横須賀高校のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)などで制作された作品のほか、地元飲食店主や関東学院大学の学生などの作品、約400点を昼夜問わず燃やし続けます(見学自由)。
自動車でのご来場はご遠慮ください。

12月1日~      窯詰め
12月1日夜中~5日 窯焚き
12月12日10時~  窯出し

2021/10/22
薬王寺太一掲載記事(タウンニュース10月22日号)
焼物×食材で新たな地産地消

2021/09/27
薬王寺太一掲載記事(神奈川新聞イマカナweb版)
横須賀の土器・陶芸作家が作る縄文のアート作品

2021/09/27
薬王寺太一出品
第56回神奈川県美術展工芸部門オンライン展示

2021/09/01
薬王寺太一WS 土と向き合う「私の陶器作り」

(追浜コミセン講座 10月23日(成形) )

(逸見コミセン講座 10月30日(成形) )

(田浦コミセン講座 11月13日(成形) )

(窯焼きは12月1日~5日予定 窯出しは12月12日予定)


2021/08/10
薬王寺太一 土器づくり技術協力番組放送
『8月9日(月)放送 アイアム冒険少年 TVer配信中(8月16日ごろまで・未定)』

2021/07/27
薬王寺太一ラジオ出演
7月29日10時15分
(モアナピープル 湘南ビーチFM)

2021/07/15
薬王寺太一WS 7月31日
(アート蛸壺チャレンジ2021 in 猿島)

2021/07/10
山本愛子WS 7月18日
(スリープウェアを身近な野菜や植物で染めよう サスティナブルな生活へ)

2021/07/06
薬王寺太一WS 9月4日(成形)
(田浦コミセン講座「田浦の芸術家による土器作り体験」)
(野焼きは9月18日)

2021/07/02
薬王寺太一WS 8月7日(成形)
(縄文土器づくりワークショップ#1)
(野焼きは8月28日)

2021/06/28
山本愛子展 7月10日~9月20日
(横浜市民ギャラリーあざみ野ショーケースギャラリー)

2021/06/18
薬王寺太一出展 6月27日~7月3日
(YB公募展)

2021/06/02
山本愛子WS 7月31日
(田浦コミセン講座「藍染め体験・夏色のトートバック」)

2021/04/12
山本愛子個展 4月23日~5月9日
(BankART Under 35 2021 35歳以下の作家の個展シリーズ)

2021/03/22
今後、各アーティストや村の情報はこのトピックスで発信していきます。



アーティスト一覧




今までのワークショップ




movies




地図



▲ TOP